logo

製品情報 詳細

ダイキン工業、製造業向け業務アプリ開発システム

メーカー名商品名
ダイキン工業Smart Innovator(スマートイノベーター)

開発時間1/4、AIでの分析も

 ダイキン工業(十河政則社長兼CEO)は製造業における開発予算管理や部品構成管理、顧客管理などの業務用のアプリケーションを企業が自社で容易に開発するためのシステム「Smart Innovator(スマートイノベーター)」を4月1日に発売する。価格は300万円/25ライセンス。
 自社に適した製造業向け業務アプリケーションを迅速に開発・運用したいというニーズに応える商品。プログラミングのスキルがなくても、設定項目に必要な情報を入力するだけで自社に適した業務アプリを開発できる。自社で一から開発した場合に比べて開発期間を約4分の1に短縮でき、導入コストも大幅に抑制できる。
 様々な情報が格納されている膨大なテーブルや集計結果を高速に一覧表示する「データグリッド」や、設計部品表(E-BOM)を構築するための「ツリーグリッド」など、独自性のある業務に対応できるコンポーネントを装備した。
 さらに、AI(人工知能)機能の搭載により、収集したデータを分析して故障予測や修理に必要な部品の判断をしたり、営業にまつわる様々な情報から売り上げ予測をしたりすることもできる。
 プラットフォーム上でアプリ間のデータ共有も可能。企業内の情報を集約し、製品開発現場から経営層に至るまで、最新の情報を活用しながら業務を進められる。

  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年4月25日号
7〜9面
工具特集
10〜11面
特集溶接技術