logo

企業情報 詳細

トヨタ、英国工場へ約340億円を新規投資

最新生産技術で、競争力と効率化を強化

 トヨタ自動車の欧州統括会社であるトヨタ・モーター・ヨーロッパ(TME)はこのほど、英国生産拠点のトヨタ・モーター・マニュファクチャリングUK(TMUK)のバーナストン工場に、日本円で約340億円(2・4億ポンド)以上の新規投資を行うと発表した。
 今回の投資に伴い、設備やシステムの新規導入、最新の生産技術の採用を通じ、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)プラットフォームを使用した車両生産に向け、工場の刷新を図り、競争力を向上するとともに、英国でのサプライチェーンの効率化も同時に進める方針だ。
 なお、この投資には英国政府から、同工場での人材育成、研究開発、環境負荷低減活動に対し、日本円で最大約30億円(2130万ポンド)の支援が行われるという。
 英国拠点のTMUKは1989年12月の設立で、従業員は約3000人。バーナストン工場は92年12月に生産を開始。現在は、アベンシス、オーリス、オーリス・ツーリング・スポーツなど、年間約18万台を生産している。

  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年7月25日号
6〜7面
CAD/_CAM特集
8〜10面
モノづくりの要所