logo

アジア通信 詳細

お尻に火や漏電、中国製「スマート便座」

 「スマート便座」の品質がクローズアップされる中国。日本での温水洗浄便座の「爆買い」を機に、便器メーカーがこぞって「スマート便座」製造に乗り出したものの、国内生産第1号企業の製品が「3回もブラックリスト入り」と報道されている。この温水洗浄便座はヒーターの電流に問題があると指摘され、これまで2回にわたり「不合格」の烙印。耐熱・帯電の安定性など、日本製品にいぜん差をつけられているようだ。

  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年5月25日号
9〜17面
中部どてらい市開幕