logo

製品情報 詳細

三菱日立ツール、異形工具3種

メーカー名商品名
三菱日立ツールガレアシリーズ

複雑形状や大ピッチに

10182

 三菱日立ツールは異形工具のガレアシリーズの新製品3種を3月21日に発売した。2コーナーを使用できる大径サイズを含むインサート式「GF2T形」は、外周側の大きなRサイズの形状により加工ピッチを大きくしても良好な加工面粗さを実現する。外径20~40ミリのホルダ4アイテム(税別価格4万600円から)、インサート2アイテム(1700円)を用意。
 仕上げ加工用刃先交換式「GP1T形」はバレルRをテーパー状にして先端部をボール形状としたことで2種類の切れ刃を工具交換なしで使用可能。外径12~30ミリのホルダ5アイテム(1万8800円から)、インサート10アイテム(9930円から)を用意し、現行の「ABPF形」ホルダに取り付け可能。
 超硬ソリッドエンドミル「GS4TN」は先端Rと外周Rを金型加工に適したサイズに設計し、5軸加工に向くほか複雑な形状の加工に1本で対応する。バレルR12.5~50ミリの5種類。
(写真=超硬ソリッドエンドミル「GS4TN」)

  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年4月25日号
7〜9面
工具特集
10〜11面
特集溶接技術