logo

製品情報 詳細

タカラスタンダード、「家事らくシンク」が中級商品にも

メーカー名商品名
タカラスタンダード家事らくシンク

アクリル人大、普及価格帯に拡大

10226

 タカラスタンダード(渡辺岳夫社長)がホーローシステムキッチンと周辺機器のリニューアルを進めている。まず、最上級シリーズの「レミュー」で好評の「家事らくシンク」を、中級価格帯の「エマージュ」「リテラ」(I型間口255cm、家事らくシンクセットの税抜価格60万6500円~)にも拡大した。
 家事らくシンクは業界初という3層構造のアクリル人造大理石製シンク。まな板から調理くずを直接捨てられるごみポケットなどを採用しており、「洗う・調理する・片づける」作業が効率よく行える。「使用者のストーリーを考えたデザイン」として16年度グッドデザイン賞を受賞。シンクカラーはグレー・ベージュ・ピンク・ホワイトの4色から選べる。
 また、アクリル人造大理石シンクの対応機種を普及価格帯の「エーデル」にも拡大した。全4色展開。I型間口255cm、アクリル人造大理石シンクセット税抜価格は39万2300円~。
 薄型レンジフード「VUAタイプ」も発売する。操作部の厚みが60mmと薄く、デザイン性に優れた形状が特長。油汚れが付きやすい整流板部分は表面がガラス質で手入れがしやすい高品位ホーロー製なので、拭くだけでキレイになる。レンジフード単独の取替え工事にも対応しており、半日~1日で工事が完了する。税抜価格は間口60cmで4万円。上記3商品とも4月3日に発売した。

  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年7月25日号
6〜7面
CAD/_CAM特集
8〜10面
モノづくりの要所