logo

企業情報 詳細

スガツネ工業、レッドドット・デザイン賞を受賞

大型扉もゆっくり静かに開閉

 スガツネ工業(東京都千代田区、菅佐原純社長)のアーム式フラットドアシステム「モノフラット リンクスヒンジLIN−X1000型」(=写真)がドイツの国際的デザイン賞「レッドドット・デザイン賞プロダクトデザイン2017」を受賞した。同賞はドイツ「iFデザイン賞」などと並ぶ世界三大デザイン賞の一つ。今回は54カ国から5500点以上の応募があった。
 スガツネ工業のフラットドアシステムシリーズは、扉を閉めたときに左右の扉に対してフラットに納まるのが特長。受賞した「LIN―X1000型」はシリーズの中で最も大型の扉(最大扉幅が1100mm、扉質量90kg)に対応しており、内蔵ダンパーにより、重量のある扉でも少ない力でゆっくり静かに開閉できる。扉の持ち出し量が開き戸の約二分の一のため、開けた時も扉が邪魔にならず狭い場所でも使用しやすい。

  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年5月25日号
9〜17面
中部どてらい市開幕