logo

アジア通信 詳細

60年ぶり低水準、インド銀行の融資伸び率

 インドでは企業の投資意欲が低迷中。銀行貸出残高の伸び率は前年度ベース(16年4月~17年3月)で5.1%と数年ぶり低水準。1953年度に次ぐ低さで、多額の不良債権を抱える銀行業界の苦しい実態が浮き彫りに。17年3月末時点の貸出金残高は78兆8200億ルピー(約130兆円)。低迷は昨秋からの高額紙幣出現も一因。一方、預金残高は17年3月末時点で108兆500億ルピ-と高水準。

  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年5月25日号
9〜17面
中部どてらい市開幕