logo

製品情報 詳細

三共製作所、プレス用サーボフィーダ世界最速仕様

メーカー名商品名
三共製作所「OPUS(オーパス)Iシリーズ」、「Servo−dex(サーボデックス)EVRシリーズ」

モータコア転積金型駆動装置も

10902

 三共製作所(小川廣海社長)はモータコアのスタンピングにおいて毎分最高180mを実現するプレス用サーボフィーダ「OPUS(オーパス)Iシリーズ」と、モータコア転積金型駆動装置「Servo−dex(サーボデックス)EVRシリーズ」をこのほど発表、先ごろ東京ビッグサイトで開催された「MF−Tokyo」で初披露した。
 このうちプレス用サーボフィーダ「OPUS Iシリーズ」は、高速・高精度の送り装置として世界の生産現場で実績を積んできたバリアックスシリーズの新シリーズにあたる。同社では「モータコア生産の最善化を実現させる次世代型送り装置」と位置づける。独自のカム曲線技術を用いて送り速度毎分180㍍と世界最速を実現しており、同時にカム曲線技術の活用で歩留まりの向上が見込める。また上下両ロール駆動を採用し、薄板や軟材の送りもスムーズに行えるようにした。「EVやハイブリッドカーの普及拡大で生産量が増加する高精度・高効率モータ市場での拡販を目指す」考えだ。
 一方、モータコア転積金型駆動装置「Servo−dex EVRシリーズ」は、高品質のコアを生産するのに必要な転積積層技術(コアを同一方向に積み重ねる際に金型を回転させて積層する技術)に関し、転積積層に高速、高トルクで転積角度を自由に設定できるもの。「OPUS Iシリーズ」とともにモータ製造ラインに取り入れることで、生産の高速化と高品質化に貢献し、生産性を上げる。
 両シリーズは予防保全や診断機能を備えIoTに対応。大型モニターで制御の操作性にも配慮した。IEC(国際電気標準会議)規格に基づくほか、制御の5カ国語標準対応により、世界各地で活用できる、サービス・メンテナンス体制もグローバルに整えている。

「写真=OPUS I」

  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年7月25日号
6〜7面
CAD/_CAM特集
8〜10面
モノづくりの要所