logo

企業情報 詳細

OKKが東西で個展、「高剛性の百年品質、つながる現場」テーマに

JIMTOF出品機をアピール

9847

 OKK(宮島義嗣社長)は2月9日・10日にさいたま市内の同社東京テクニカルセンターで、「東日本プライベートショー」を、2月17日、18日には伊丹市内の同社猪名川製造所で、「中部・西日本プライベートショー」を開催。両会場では、多数のユーザー等が来場し、活発な商談が展開された。
 会場では、「高剛性の百年品質、つながる現場」をテーマに、横形マシニングセンタ(MC)「MCH6300R」や立形MC「VM660R」、中大物航空機部品をターゲットとした5軸制御横形MC「HM―X8000」等のJIMTOF出品機を中心に、「VM53R」などの主力機種を揃え、実演加工でアピールした。また、IoTシステムによる生産効率向上や保守・予防保全支援など、OKKの「つなげる・見える化・データ活用」を可能とした最新技術が注目を集めた。
 今回の展示会は、アフターJIMTOFとして企画・開催したもので、同社では「来場客からは、じっくりと確認できたとの声が多く聞かれ、手応えは良い」(担当者)と語っていた。

  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年3月10日号
7〜12面
モノづくり大特集