logo

製品情報 詳細

シギヤ精機製作所、台湾メイドの円筒研削盤

メーカー名商品名
シギヤ精機製作所GPLT−30

コスト力と高品質を両立

9883

 シギヤ精機製作所(鴫谷憲和社長)と福擎投資股份有限公司の共同出資により昨年10月、設立された台灣喜基雅精機股份有限公司(台湾・台中市)は、同社大甲工場で生産するCNC円筒研削盤の第一弾「GPLT-30」を発売した。
 台湾、中国、ASEAN向けのコストパフォーマンスに優れたアジア戦略機。台湾で円筒研削盤をつくる」をコンセプトに、シギヤ精機独自の技術と基本設計図を基に開発を進め、といし軸などの基幹部品は日本のシギヤ精機から調達することで品質の高さを担保した。3月7日から12日まで開催されている第26回台湾台北国際工作機械見本市(TIMTOS2017)で初披露した。
 熱処理された窒化鋼の大径といし軸と非真円動圧軸受を採用した高剛性といし台を装備。重研削から精密研削まで可能とする。対話式自動プログラミングシステムを搭載。画面の指示に従って、といし情報、ワーク情報を入力するだけで最適な研削加工条件が自動的に設定できる。
 テーブル上の振りはφ300mm、センタ間距離は500・750・1000mmの3種、最大研削外径はφ300mm。最大研削外径φ410mmのGPLT-40もラインアップした。

  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年7月25日号
6〜7面
CAD/_CAM特集
8〜10面
モノづくりの要所