logo

製品情報 詳細

相澤鉄が新型プレスブレーキ

メーカー名商品名
相澤鉄工所PB−4013

全軸サーボ駆動、加圧40トン

9904

 相澤鉄工所(相澤邦充社長)は、全軸サーボモーター駆動により、高精度と省エネ稼動を実現するCNCプレスブレーキの新製品「PB−4013」(加圧40トン)を開発、先ごろ開催の展示商談会「幕張どてらい市」で初披露し、同日から受注活動を開始した。
 同社はシャーリング及びプレスブレーキの専業大手。シャーリングでは業界に先駆け09年からサーボタイプを販売していた。プレスブレーキの全軸サーボタイプは今回が初。きめ細かな制御が可能でより高精度な加工ができる。突き当て(ストッパー)の微調整も行える。また毎秒120ミリの高速下降/上昇を可能にするなど生産性も大幅に高めた。
 3Dグラフィックスを取り入れた大型タッチパネル入力のCNCは操作性に優れる。リヤフェンス、サイドガード、各種安全装置(オプション)など作業の安全性にも配慮。
 330ミリのオープンハイト、ストローク150ミリ、曲げ長さ1300ミリ。4軸サーボ仕様ほか、左右移動をNC制御する6軸制御仕様を用意する。
 4軸サーボタイプで税別定価1340万円。

  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年3月10日号
7〜12面
モノづくり大特集