logo

製品情報 詳細

THK、風力発電向けに低トルクシャフトユニット

メーカー名商品名
THKトルクシャフトユニットWLS
9908

 THK(寺町彰博社長)は、垂直軸風車のエネルギーロスを抑え、発電効率を高める低トルクシャフトユニットWLSをこの3月から販売開始した。3月1日から3日間開催された国際風力発電展(東京ビッグサイト)に出品した。
 ベアリング組み込み式の完成体ユニット(=画像)として販売する。組み込んだベアリングは、風車の使用条件を考慮し、転がり摩擦を低減した特殊なものを搭載。低トルク特性がJIS規格品と比較し50%以下で「飛躍的に低トルク化を実現した」ことが最大の特長。発電効率をJIS規格品と比較し3ポイントほど向上できる。小型風車の安全基準規格などに準拠、強度と耐久性で高信頼性を実現しているという。
 同社は直動システムを中心に、自社の機械要素部品(機器)の応用に努めており、この新商品を通じ、また新たなマーケットを拓いていく構え。

  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年5月10日号
5〜12面
日本物流新聞アジア版