logo

製品情報 詳細

アマダミヤチ、交流インバーター溶接電源

メーカー名商品名
アマダミヤチ交流インバーター式溶接電源

熱効率アップ、精密な設定も可能に

9939

 アマダミヤチ(辻岡寿康社長)は2月、高精密な電流制御を実現する交流インバーター式溶接電源(MIB−300A及び同600A)を発売した。抵抗溶接として最も普及する交流式の既存の溶接トランスを活用できる。
 熱効率に優れたヒュージング(金属の熱かしめ)を独自の制御技術で可能にした。2次側定電流制御機能やパルセーション機能を設け、溶接電流を直接チェックしながら制御する方式と、ワークへの急激な入熱を抑えて溶け込み量を容易にコントロールする―を実現した。また溶接中に一定の溶け込み量に達した場合、変位センサーなどからの信号を受けて通電を一次中断し、優先される別の処理を行うインタラプト機能も搭載。このように高機能・多機能な仕様とした。
 MIB−300Aは空冷式で最大出力電流300A。定価(税別)70万円で年間100台の販売目標。同600Aは水冷方式で同600A。定価(税別)87万円、年50台の販売を目指す。

  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年4月25日号
7〜9面
工具特集
10〜11面
特集溶接技術