logo

企業情報 詳細

ダイヘン、武漢市にサポート拠点

ロボ、溶接機を多数常設

9960

 ダイヘン(大阪市淀川区)は、中国湖南省武漢市にFAロボットと溶接機の検証テストができるテクニカルセンターを開設した。中国統括販売会社である欧地希機電(上海)有限公司としては4カ所のサポート拠点。自動車産業のビフォア・アフターサービスの強化を目指す。
 2月に営業を開始した武漢テクニカルセンターは、事務所と講習施設含め計800平方mの規模で建設した。大幅なスパッタ削減が可能な溶接システムはじめ、アーク溶接ロボット5台、大型ロボット1台を配備している。
 中国市場向けの溶接機20機種も常設することで、「(顧客の)実験室として設備導入前の検証テストが行える」ようにした。ロボット、溶接機のメンテナンス部品を在庫し、緊急時の早期設備復旧にも対応する。
 70人規模の大型講習室を完備。溶接・ロボット技術、各種操作、メンテナンスなどの講習会を開催する。センターには、日本人サービスマンが常駐しており、日系企業との迅速なコミュニケーションができる点も特長に挙げている。
 ダイヘンは、これまで上海、広州、天津の各市にテクニカルセンターを設置。今回開設した武漢市についても、自動車関連メーカーの進出・拡張が相次いでいることから開設に踏み切った。

  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年6月25日号
11〜20面
大阪どてらい市特集