logo

企業情報 詳細

タナカ善、マシンツールセンター(MTC)を彦根に開設

工作機械・工具等を常設、セミナー&実加工も

 機械・工具商社のタナカ善(本社・京都市、田中善隆社長)は2月24日、25日の両日、滋賀県彦根市内の彦根営業所に開設したショールーム「マシンツールセンター(MTC)」の披露を兼ね、「オープン実演セミナー」を開催、多数の製造ユーザーが来場し、盛況を博した。
 MTCは、敷地面積約160平方メートル、1階建てで延床面積は93平方㍍の規模。ショールーム内には、オークマの立形マシニングセンタ「MB−46VAE」と、DMG森精機製のCNC旋盤「NLX2000MC/500」の2台の最新工作機械のほか、各種切削工具、関連機器なども常設展示しているため、実際の工作機械や工具を操作し、確認できるとともに、テストカットなどの試作などにも利用できる。オープン実演セミナーでは、工作機械や切削工具のセミナーを行い、展示機を使用しての実加工を行うなど、加工現場のニーズに即した提案を展開し、注目を集めた。
 田中社長は、「モノづくり現場の変化に伴い、新たな提案力・営業力が求められている。MTCでは、多様なワークに対応したテスト加工や、カタログ仕様を超えた実加工や試作を通じて、地域密着の技術・情報の受発信の場、交流・研修の場として、活用していきたい」と強調。今後も、講習会やセミナーなどと連動したミニ展示会をはじめ、5月に開催する「京滋マシン&ソリューションフェア」と連動した提案企画等も順次、開催する計画だ。

  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年7月25日号
6〜7面
CAD/_CAM特集
8〜10面
モノづくりの要所