logo

アジア通信 一覧

理財商品1160兆円、「影の銀行」リスク警戒

 「影の銀行」といえば、中国ではびこる“シャドウバンク„。その「理財商品」(高利回りの投資商品)に対し、中国人民銀行(中央銀行)が警戒警報を発令中。60兆~70兆人民元(約1000兆〜1160兆円)にも達するこの資産運用商品、まるでハイエナのように国民の財布を狙っては次々と生まれて限度がない。このた...

海面の上昇なぜ? 中国沿海部で38mmも

 中国の沿海部で海面が上昇しつつある。昨年の沿海エリアの海面は、1993〜2001年にかけた平均を82mm上回った。前年比でも38mmの上昇を記録している。海洋災害を招く恐れがあるだけに、継続的な監視が侮れない状況だ。中国沿海部の海面高度は2026年までの36年間にかけて、年平均3.2mmで上昇が続...

農業用ドローン、優れもの効率20倍

 台湾の鴻海科技集団(フォックスコン)が、中国企業(蜂巣農科)と提携し、農業用ドローンの開発にメドをつけた模様。一般向けドローンに比べ農業用製品は、より高い水準の防水や防塵、防腐食性能が要求されるが、提携で開発された新製品「工蜂2号」は、価格の引き下げも実現したが、農作業の効率を20倍も向上させたと...

日・ラオス定期便、今夏にも初の就航へ

 日本とラオスを結ぶ初の定期航空便が、8月か9月にも就航する見通し。ラオス航空が現在、首都ビエンチャンと成田を結ぶ路線の開設を準備している。ラオス航空が月・水・土曜の週3便、エアバス機A320で運航する。ビエンチャンから成田行きはノンストップ。成田からビエンチャン行きは長崎空港に寄航する。日・ラオス...

日本語教育へ派遣、20年までに1500人

 日本語教育で東南アジア諸国連合へ派遣する「日本語パートナーズ派遣プログラム」では、今後2020年までに3000人を派遣する。このうちインドネシアが半分の1500人。派遣資格は20歳から69歳で、14年の事業開始以来268人がインドネシアに派遣されている。世界の日本語学習ではインドネシアが75万人。...

セクハラ3割、タイのバスに女性客が憤慨

 「うっかりバスにも乗れない」と、乗車中のセクハラ被害を訴えているのがタイはバンコクの女性。「その被害者は女性乗客の3割にのぼる」というのが調査会社の発表だが、こうした実態は数年来、少しも改まらないという。2月下旬に1417人の男女を対象にした調査によれば、被害女性の大半が「被害の最中、周りの乗客の...

中国の銀行総資産がEUを超え、最大の33兆米ドル

 中国の銀行業の総資産が33兆米ドル(約3760兆円)に達し、欧州連合(EU)を上回った。16年末でEUが31兆米ドル、米国が16兆米ドル、日本が7兆米ドルで2~4位に。規模拡大は08年「4兆人民元の景気刺激策」での銀行融資の急増が影響。なお、16年末の金融機関総資産は前年末比15.8%増233兆人...

九州上陸の外国人、2016年は3割増372万人 

 九州から入国する外国人が増えている。2016年は372万1122人を数え過去最多で、前年比の伸びは31.4%増。5年連続の過去最多更新。大半が韓国、中国、台湾などの旅行客だった。とくにクルーズ船による訪日客が際立ち、前年比8割増の141万人余。船舶大型化や入国規制の緩和を背景に、寄港頻度は増すばか...

お尻に火や漏電、中国製「スマート便座」

 「スマート便座」の品質がクローズアップされる中国。日本での温水洗浄便座の「爆買い」を機に、便器メーカーがこぞって「スマート便座」製造に乗り出したものの、国内生産第1号企業の製品が「3回もブラックリスト入り」と報道されている。この温水洗浄便座はヒーターの電流に問題があると指摘され、これまで2回にわた...

日本から9団体、インドの旅行業見本市

 インドの旅行業者見本市が2月半ば首都デリーで開かれ、日本から9企業・団体が参加。なかでも初出展の富山県が雄大な自然と盛んな漁業をアピール。2年前から南部アンドラプラデシュ州と文化交流を進めており、観光客も台湾やタイなどからが大半を占めているが、今後はインドからの旅行者誘致に力を入れたいという。企業...
  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年4月25日号
7〜9面
工具特集
10〜11面
特集溶接技術