logo

アジア通信 一覧

東京はトップ3、駐在員の生計費ランク

 「世界生計費―都市ランキング」(2017版)によると、世界で最も物価が高い都市トップ3はアンゴラのルアンダ、香港、東京。アジアでは香港、東京、シンガポール、ソウル、上海の順だった。調査は住居費、交通費、食費、娯楽費など200品目以上の価格を米ドル換算し、ニューヨークを100として各都市の指数を比較...

「ヘビ毒ガン治療」、世界初の画期的な成果

 ヘビ毒タンパク質の遺伝子組み換えで、ガン細胞の増殖を抑制する世界初の治療法が台湾で発表された。副作用のない遺伝子組み換えによるもので、2年後に臨床試験が開始される予定。細胞には相互作用を担うタンパク質があるが、ヘビ毒タンパク質はインテグリン(細胞接着分子)の作用を打ち消すことでガン細胞の増殖を抑制...

ロシア航空人材、中国に2年半で100人も

 ロシアの航空パイロットが中国などの航空会社に続々と転職している。賃金など待遇が良いのが転職理由で、この2年半でアジア各国に約300人のうち100人が中国に。その月給は中国で1万7000〜2万5000米ドル(約190万〜280万円)。実にロシアの4倍だが、こうした状況が大量流出の背景。中国では今後2...

フィリピンの日系企業、微減

 日本の外務省の「海外統計」で、フィリピンに進出した日系企業の拠点数が昨年10月時点で1440拠点に。前年同月から8拠点減少したが、国・地域別では8位の多さ。なかでも花王は子会社のピリピナス花王の工場敷地内に、フローラル系香料(ヘキシルシンナミックアルデヒド=HCA)の生産設備を新設すると発表し、約...

“おっぱいママ”も、月10万円の母乳通販

 母乳をインターネットで販売する母親が中国で増えている。母乳は食品とされないため違法行為だが、月に8000人民元(13万円)ほど稼ぐ“おっぱいママ”も。授乳後に余った母乳を冷凍パックに詰めるなどして販売するのだが、自分の子どもにはオヤツで代食。専ら母乳の販売量を増やそうとする“商売熱心〟も。「一人っ...

「空巣青年」五千万、遠距離結婚(通い婚)も多く

 中国で故郷を離れ、都会で一人暮らしをする「空巣青年」が増加。その人口は5000万人ともいわれ、深センや北京、上海からさらに蘇州、鄭州、東莞などに拡がっている。「インドア」な生活スタイルは、専らインターネット出前の食事。それでも大きな「孤独感」がないといわれるのは、多くがネットを利用していることが一...

露人パイロット、中国が給与3倍で雇用

 ロシア人パイロットが中国などアジア航空業界に大量流出している。高賃金の上、海外籍パイロットの就業制限を設けていないためだ。過去2年半の間に300人以上が転籍しているが、給与が本国ロシアの3倍の月2万5000米ドル(276万円)が魅力。毎月の平均フライト時間は本国の90時間を下回る80時間。年間の休...

東大28位、京大36位、世界大学番付で米英が上位

 英国の大学評価機関が発表した世界大学ランキング(28年版)で、上位20大学を米、英、スイスの大学が占める中、東京大学と京都大がそれぞれ前年から順位を上昇させたものの、まだ28位と36位。◇学術的評価◇企業からの評価◇教員1人当たりの論文引用数◇学生数◇留学生数◇外国人教員数――の6項目を評価した。...

店舗は5千以上も、ヤンゴン卸売センター

 ヤンゴン(ミャンマー最大都市)北部で開業が待たれていた「青果卸売センター」が、5月半ばにやっと店開きした。同市場は官民連携方式で、当初は1月開業の予定だった。面積は約34haと広く、果物や野菜、生花の卸売センターが中心となっている。これまでの旧ダニンゴン市場には約2千の店が入居していたが、新たに卸...

9カ月連続プラス、カジノ売り上げ16%増

 マカオの4月の域内カジノ売上高が前年同月比16.3%増の201億6200万パタカ(約2898億円)に伸びた。9カ月連続でプラス成長を維持している。ただ、増加率は2カ月連続の前月割れとなった。1~4月の累計収入は836億4000万パタカで、前年同期比13.8%の増加。中国の景気減速などを背景に、16...
  • 鳴門屋
  • 株式会社山善

日本物流新聞最新号

2017年7月25日号
6〜7面
CAD/_CAM特集
8〜10面
モノづくりの要所