サイト内検索 WWW を検索
 

柝声(たくせい) 2009年11月25日号掲載

  デフレだそうだ。需要より供給が多く、価格が下がり続ける市場経済状況をいう▼通例、こうなれば次第に需要が回復し、企業収益も改善、雇用も個人収入も増え、消費(需要)もさらに上向くはずが、価格が下がっても売れず企業は儲からないため窮余の策として賃金カットや解雇。当然、消費は手控えられ、これがまた…と悪循環▼日本経済は今、こういう状況にあるということだ。三年半前のデフレから抜け切らないうちに、また、だ。米国の金融危機という外からの大波をかぶり、これが引き金で避けようがなかった▼改めて大きな市場経済のメカニズムに企業も人も無力なことを思い知らされた感じである。こんな状況下で「もがけばもがくほど自分のクビを絞め苦しくなる」とある経営者▼「そうだろう」といいたいところだが、少し頭を冷やして考えてみると、こういうデフレは単に経済的メカニズムの問題だけでなく、人の、倫理やこころの問題もあるのではないか、そんな気になってくる▼格差社会を煽り立て、その中で仁義をなくし勝つことばかり考えている人と企業。消費者心理を逆手に取り、「向こうが五円値下げならこちらは十円」と世の中が壊れようがお構いなし、一人勝ち以外頭にない企業社会、人社会になってしまった▼「人間一人では生きていけない」この簡潔で古典的人理を、まず政治家と企業家が思い起こしてほしい。そして「一緒に生きる」ことを今、考え、行動を起こさなければ日本そのものが壊れることを知るべきである▼「デフレ銘柄」の自慢気な横行だけはご免こうむりたい。



この一枚 鯉のぼり333+1


JIMTOF2012に12万8674人

動き出す スマート社会

クルマはいまや「変化のシンボル」

国際太陽電池展から

希少な大型太鼓、古都奈良で公開

圧倒するロボットパワー

大阪ロボット産業PR大使 初舞台

工場の節電、緑のカーテンで

モノづくりの司令塔CAD/CAMが走る!

情熱と熱情の、赤いバラ


コ ラ ム

柝声(たくせい)
13年08月25日号

過去の記事

挑む加工現場


オヤジの社会学


ビルダー最前線


映画の中の生産機械


特集
2013年8月25日号

6〜7面
特集 バリ取り
11〜12面
水回り特集