サイト内検索 WWW を検索

柝声(たくせい) 2010年04月10日号掲載

 先日、「参院本会議の採決で不在議員の代わりに投票ボタンを押し、問題の責任をとって議員辞職」というニュースがあった▼多分、多くの人が「その程度のことで議員を辞めなければならないのか」と思ったに違いない▼われわれの周りに「代理」は日常的にあり、生活に根付いて、おかしくも不思議もない。代理出席や代理参加があり、難しい申請書などは代理人の代理手続きが普通にある▼身近な「文化」といってもいい。今回の問題も、ボタンを押した議員は、隣席の同僚議員が不在だけど意思は同じだからと、軽い気持ちで手を伸ばしたのだろう▼いや、もしかすると不在議員が依頼して席を立ったのかも知れない。軽いボタンである。誰が押しても一つ諾否が加算されるだけだ▼が、議員とは「選良」、多くの人の思いを託されて席を与えられている人であり、ボタンは軽くても押す手は重い▼代理で押した議員も不在で押された議員も、何十万人の人たちの思いを預かった手だということを忘れ、軽率なことをやってしまった▼その責任の取り方も色々あった思うが、重さを考えれば議員辞職も仕方がないだろう▼ところで、これのこじつけ話で恐縮だが、この春、新社会人として職場に入った人たちは、未曾有の不況下、厳しい就職戦線を勝ち抜いた優秀な「選良」▼言い換えれば、仕事を待ち望む何千人か何万人の「代表選手」である。その頑張りによって経済が元気づけば仕事を待つ人たちに希望と勇気を送り込むことになる。自覚と思いやりをもって仕事に取り組んでいただきたい。


この一枚 鯉のぼり333+1


JIMTOF2012に12万8674人

動き出す スマート社会

クルマはいまや「変化のシンボル」

国際太陽電池展から

希少な大型太鼓、古都奈良で公開

圧倒するロボットパワー

大阪ロボット産業PR大使 初舞台

工場の節電、緑のカーテンで

モノづくりの司令塔CAD/CAMが走る!

情熱と熱情の、赤いバラ


コ ラ ム

柝声(たくせい)
13年08月25日号

過去の記事

挑む加工現場


オヤジの社会学


ビルダー最前線


映画の中の生産機械


特集
2013年8月25日号

6〜7面
特集 バリ取り
11〜12面
水回り特集