サイト内検索 WWW を検索

柝声(たくせい) 2010年05月25日号掲載

  「簡単明瞭」、「単純明快」、「何事もシンプルに」、「迷い、分からなくなったら逡巡せずに元に帰って出直す」▼その昔、仕事の悩みあって師と仰ぐ人に相談したところ、「さして能ある人間ではないのに、思い詰め、難しく考え、事を余計複雑にするから小さなアタマが混乱し悩みになる。何事も簡単に、明快に、基本に」と諭された▼文字通りシンプル人間。「なるほど」と即納得。その瞬間から直面する問題があれば、まず体で当たり、考えるのは「身の丈」で。なにせ凡人に掛け算、割り算は荷が重く、頼るのは「足し算、引き算」▼「これなら簡単」、途端に体が軽くなり、悩ましい問題も「どこにでも、誰にでもありそうな話」に思われてきた。日々、追求する利益も、難しく考えず「足して、引いて」、ほぐしてみれば何もかもシンプル▼こんな心の開放の最大のご利益は、他でもない「勇気」だ。「人間、考えるのはいいが、過ぎると悪いことばかり想像し、前に進むのが怖くなる。その点、『ヘタな考え』をしなければ怖いものなし、何でも挑戦できる」と師▼こんな話を持ち出したのは、来春、新卒予定者の面接を行った経営者から「こんな厳しい就職難なのに若者らしさが…」という話を聞き、わが身の、その昔を思い出したわけである▼そう、「考える」ことは否定しないが、「何事も、考えたとおりにはならないが、やったとおりになる」のだという。であれば、「体でぶつかれ」だ。それにはまず「勇気」が必要。いや、この「勇気」、若者だけでなく、今の世の中みんなに必要かも知れない。





この一枚 鯉のぼり333+1


JIMTOF2012に12万8674人

動き出す スマート社会

クルマはいまや「変化のシンボル」

国際太陽電池展から

希少な大型太鼓、古都奈良で公開

圧倒するロボットパワー

大阪ロボット産業PR大使 初舞台

工場の節電、緑のカーテンで

モノづくりの司令塔CAD/CAMが走る!

情熱と熱情の、赤いバラ


コ ラ ム

柝声(たくせい)
13年08月25日号

過去の記事

挑む加工現場


オヤジの社会学


ビルダー最前線


映画の中の生産機械


特集
2013年8月25日号

6〜7面
特集 バリ取り
11〜12面
水回り特集