サイト内検索 WWW を検索

柝声(たくせい) 2010年06月25日号掲載

 景気は上へ向かっている▼といっても「総論」。聞いて回った「各論」は、「四月まではよかったが、五月は足踏みし六月少し戻った程度」、「良いのは中国やアジア絡みの業種や会社だけ」、「国内で良いのは一部地域」と、すっきりしない▼しかしそれでも半年、一年前と比べると、ずいぶん「元気印」の会社が増えた。元気の元は売り上げが回復してきたこと。良いところは最盛期の60?80%。もちろん、まだまだだが、「先がパッと明るくなってきた」▼この「元気印の会社」と「冴えない会社」の差は何か。業種・業態、種々事情を抱え即断できないが、一つだけ「元気な会社」にはっきりしているのは、「早くから次に備え色々手を打っていた」ことだ▼或るメーカーは「旧来品は依然低迷。売れ筋は不況期に改良・改善をはかったニュータイプ。中国やアジア向けにつくったのではなく、ローコストの工夫が歓迎され現地で売れ出した」こと▼旧来品のままでは「関心を引かなかった。構造を簡素化し低価格化をはかった今様が受けた」わけだ。何事も「変え、変わってこそ」目を引き人の心を動かす▼景気・経済の「回復」は「元に戻る」ことではない。実態は次に向けて「変化、進化」を遂げることだ▼あなたの「会社の製品はその変化、進化に合わせ工夫があるか」、「他から次代の新しい仕事を依頼されるくらい職場は改革されているか」。でなければ周りから注目されず「元気な会社」になれないことを自覚しなければならない。  景気は上へ向かっている▼といっても「総論」。聞いて回った「各論」は、「四月まではよかったが、五月は足踏みし六月少し戻った程度」、「良いのは中国やアジア絡みの業種や会社だけ」、「国内で良いのは一部地域」と、すっきりしない▼しかしそれでも半年、一年前と比べると、ずいぶん「元気印」の会社が増えた。元気の元は売り上げが回復してきたこと。良いところは最盛期の60?80%。もちろん、まだまだだが、「先がパッと明るくなってきた」▼この「元気印の会社」と「冴えない会社」の差は何か。業種・業態、種々事情を抱え即断できないが、一つだけ「元気な会社」にはっきりしているのは、「早くから次に備え色々手を打っていた」ことだ▼或るメーカーは「旧来品は依然低迷。売れ筋は不況期に改良・改善をはかったニュータイプ。中国やアジア向けにつくったのではなく、ローコストの工夫が歓迎され現地で売れ出した」こと▼旧来品のままでは「関心を引かなかった。構造を簡素化し低価格化をはかった今様が受けた」わけだ。何事も「変え、変わってこそ」目を引き人の心を動かす▼景気・経済の「回復」は「元に戻る」ことではない。実態は次に向けて「変化、進化」を遂げることだ▼あなたの「会社の製品はその変化、進化に合わせ工夫があるか」、「他から次代の新しい仕事を依頼されるくらい職場は改革されているか」。でなければ周りから注目されず「元気な会社」になれないことを自覚しなければならない。





この一枚 鯉のぼり333+1


JIMTOF2012に12万8674人

動き出す スマート社会

クルマはいまや「変化のシンボル」

国際太陽電池展から

希少な大型太鼓、古都奈良で公開

圧倒するロボットパワー

大阪ロボット産業PR大使 初舞台

工場の節電、緑のカーテンで

モノづくりの司令塔CAD/CAMが走る!

情熱と熱情の、赤いバラ


コ ラ ム

柝声(たくせい)
13年08月25日号

過去の記事

挑む加工現場


オヤジの社会学


ビルダー最前線


映画の中の生産機械


特集
2013年8月25日号

6〜7面
特集 バリ取り
11〜12面
水回り特集