サイト内検索 WWW を検索

柝声(たくせい) 2010年08月25日号掲載

 八月中旬の夏季休暇、息子家族がやってくる前に、恒例「青春18切符」で各駅停車を乗り継ぎ、米子・安来を往復してきた▼米子(境港)は「ゲゲゲの鬼太郎」、安来は「足立美術館」。猛暑の中、強行軍だったが夫婦で楽しく目的を果たすことができた▼ただ、往復の車窓からの眺めで気になる景色があった。山々が竹に侵蝕され薄緑に変色、まだら模様が山陰路延々と続いていたことだ▼八月のたんぼは稲の最生育期で緑が濃く深い。当然、山も、のはずがこの有様。数年前、自分が生まれ育った島を船から眺め、松や広葉樹で覆われた豊かな島が竹の島に変わっているのにショックを受けたことがあった▼竹の繁殖は田畑が昔ほど耕されず里山がなくなったことや山の手入れがおろそかになったために根を八方に延ばしたり花粉を飛ばしたことによるらしい▼竹林と隣り合わせの畑の作物を実らせるため、たけのこの収穫を終えると竹の根を切る作業を手伝わされたことを思い出す▼車窓から見た山陰路の、竹の繁殖の景色は田舎の島と同じく手入れされなかったツケではないだろうか。このまま放置すれば松や楓や椎といった日本の山は壊滅しまう▼もちろん竹は重宝な植物。利用価値は大きいが、今の繁殖竹はせいぜい竹炭にして応用できるくらいのもの。一日でも早く「退治」することの方が大事▼できれば国家事業にして国土再生と新事業による雇用拡大に結びつけられればこの上なく結構なんだが。









この一枚 鯉のぼり333+1


JIMTOF2012に12万8674人

動き出す スマート社会

クルマはいまや「変化のシンボル」

国際太陽電池展から

希少な大型太鼓、古都奈良で公開

圧倒するロボットパワー

大阪ロボット産業PR大使 初舞台

工場の節電、緑のカーテンで

モノづくりの司令塔CAD/CAMが走る!

情熱と熱情の、赤いバラ


コ ラ ム

柝声(たくせい)
13年08月25日号

過去の記事

挑む加工現場


オヤジの社会学


ビルダー最前線


映画の中の生産機械


特集
2013年8月25日号

6〜7面
特集 バリ取り
11〜12面
水回り特集