サイト内検索 WWW を検索

柝声(たくせい) 2010年09月10日号掲載

  政治の話にはできるかぎり首を突っ込みたくない。突っ込むヒマがあるなら自分の仕事、自分の役割を果たすことが先、と口を手で塞いできたのだが、言わずにおれなくなった▼「菅か小沢か」の民主党代表選のことだ。野党の党首選なら「ご随意に」だが、昨夏、国民に託されて政権党になった。責任は重い、なんていうものではない。そんな政党が「こんな大変な時期に代表を選んでいる場合か」だ▼「大変な時期?そんなの百も承知、菅さんは一に雇用、二に雇用、三に…。小沢さんは国民生活第一を繰り返し言っているじゃあないか」というかもしれない▼が、やはり分かっていない。特に小沢さん。カネの問題を横に置いたとしても、わずか三カ月前にノー天気の鳩山さんと共に職を辞し、菅さんを立てたのだろう。不満はあっても経済、生活危急の時期、ここは代表選を先送りし力を合わせて対策に取り組むのが筋では…▼多分、大多数の国民はそう思っている。その中で、仮に小沢さんが代表、首相になったとして平穏に、政務を遂行できるはずがない。「カネの疑惑追及」が激化し、危急を要する問題が置き去りにされる▼お得意の「合従連衡策で多数派工作…力技でマニフェストの実現をはかり自らの政治的地位を確保」。国民はその古い手練手管が「ノー」なのである▼それより「あんな実力者が地味な場所で経済や国民の生活立て直しのために一生懸命仕事している」といわしめる姿を見せることが小沢さんのイメージを変えるだけでなく、まわりの政治家を真に奮い立たせ、国の元気づくりにつながるように思うが…。



この一枚 鯉のぼり333+1


JIMTOF2012に12万8674人

動き出す スマート社会

クルマはいまや「変化のシンボル」

国際太陽電池展から

希少な大型太鼓、古都奈良で公開

圧倒するロボットパワー

大阪ロボット産業PR大使 初舞台

工場の節電、緑のカーテンで

モノづくりの司令塔CAD/CAMが走る!

情熱と熱情の、赤いバラ


コ ラ ム

柝声(たくせい)
13年08月25日号

過去の記事

挑む加工現場


オヤジの社会学


ビルダー最前線


映画の中の生産機械


特集
2013年8月25日号

6〜7面
特集 バリ取り
11〜12面
水回り特集