サイト内検索 WWW を検索

柝声(たくせい) 2011年2月10日号掲載

 
 大相撲が存亡の危機に直面している▼十両取り組みで八百長が行われていた証拠となるメールが野球賭博に絡む警察捜査の過程で明るみになり、徹底調査と実態解明のため興業が中止になった▼目前の大阪三月場所、それに地方巡業や福祉相撲なども。調べの進み具合や結果次第で次の五月場所開催も危ぶまれる事態になっている▼力士がなぜ「締込み(まわし)」一つの裸で土俵に上がり、仕切りの前に両手のひらを大きく広げるのか。いうまでもない相撲が道具(武器や防具)を使わず人と人が力と技で勝ち負けを決める純粋な格闘の証を示すためだ▼またそこに潔(いさぎよ)さと質実剛健の精神性を重んじる日本らしさがあり、「国技」として大切に継承されてきた背景がある▼とすれば、まわりを巧みに欺く「なれあい勝負がどれほど罪深いものか」理解できるだろう。解明と根絶のために中止して調べるのも仕方ない▼生真面目に評するならこういうことだが、しかしまわりの力士、相撲関係者みんな本当に知らなかったのか、気付いていなかったのか。これまで何度となくマスコミに騒がれ、裁判沙汰にもなった。知らぬはずはない▼問題は見ぬふりをして古臭い制度やしきたりを改めようとしなかった大相撲組織のツケだろう。力士の待遇をウィキペディアで見てびっくり。十両の年収千六百万円、幕下九十万円。この天と地の差に作為を覚えない方がおかしいくらい▼星一つで「守れる」なら、「稼げる」ならと、あらぬことを思いつく。伝統の相撲は是だが古風な精神論と制度を改めるのが先決だ。





この一枚 鯉のぼり333+1


JIMTOF2012に12万8674人

動き出す スマート社会

クルマはいまや「変化のシンボル」

国際太陽電池展から

希少な大型太鼓、古都奈良で公開

圧倒するロボットパワー

大阪ロボット産業PR大使 初舞台

工場の節電、緑のカーテンで

モノづくりの司令塔CAD/CAMが走る!

情熱と熱情の、赤いバラ


コ ラ ム

柝声(たくせい)
13年08月25日号

過去の記事

挑む加工現場


オヤジの社会学


ビルダー最前線


映画の中の生産機械


特集
2013年8月25日号

6〜7面
特集 バリ取り
11〜12面
水回り特集