サイト内検索 WWW を検索

柝声(たくせい) 2011年2月25日号掲載

 
 政治家というのは「国民を代表して国の経営に携わり、国民が安心して暮らせる社会づくりや夢と希望ある未来への環境を整え道づけをする選良(エリート)」▼と、いう観点から見ると今の日本の政治家はあの人もこの人も資格なし、いやもっと性質の悪い破壊者に思えて仕方ない。言うことがもっともらしいだけに余計その思いを強くする▼なにせ明けても暮れてもお互いの言うことなすことにケチの付け合い、脚の引っ張り合いばっかり。延々と続いている▼先日、出会った若い会社員の男性が「景気が悪いと言われてもものごころついた時からこんな世の中。良い景気がどんなものか、理屈では理解できても感覚的にはわからない」とぽつり口にした▼そうなんだ。かつて「失われた十年」といわれたのが今は二十年になっている。成長らしい成長がなく、パワフルで明るい経済を長く味わっていない▼そんな中で「今の若者は意欲も元気も積極性もない」なんてないもんだ。経済人も一端の責任は逃れられないが、この間、政治は、政治家は何をしていたというのだろうか▼国のトップがくるくる替わる中で取り繕いの国家経営。税金をじゃぶじゃぶ注ぎ込むのが手っ取り早い方法だったろう。結果は巨額の財政赤字▼大きな借金をかかえれば返済に追われ人間感情も尖って小さなことにも争いが起こる。それが今の国政、選良というには恥ずかしい政治家であり集団である▼本当に国家、国民のことを考え行動している真の「選良」は一体何人いるだろう。些細なことで争っているヒマなんてない。






この一枚 鯉のぼり333+1


JIMTOF2012に12万8674人

動き出す スマート社会

クルマはいまや「変化のシンボル」

国際太陽電池展から

希少な大型太鼓、古都奈良で公開

圧倒するロボットパワー

大阪ロボット産業PR大使 初舞台

工場の節電、緑のカーテンで

モノづくりの司令塔CAD/CAMが走る!

情熱と熱情の、赤いバラ


コ ラ ム

柝声(たくせい)
13年08月25日号

過去の記事

挑む加工現場


オヤジの社会学


ビルダー最前線


映画の中の生産機械


特集
2013年8月25日号

6〜7面
特集 バリ取り
11〜12面
水回り特集