サイト内検索 WWW を検索

オヤジの社会学   2011年4月10日号掲載

電気をためる技術

 「電気」というものについて考えさせられる日々である。
  今回の震災、そして原発事故で改めて思ったのは、電気を「作る」技術開発でなく「ためる」技術開発はどうなっているのかということだ。計画停電とは名ばかりの場当たり停電。その日の需要量に見合った電力を供給できるのかどうか、直前にならないとわからない。電気というものは基本的に作って流すことはできても、どこかにためておいて使い回しすることが難しいものなのだと改めて知った。
  超大型バッテリーや超大型コンデンサーがあればそれが可能なのかどうかよくわからないけれど、大規模な「蓄電所」がもし実現できれば、きっと「発電」のあり方も変わってくるだろう。

 もうひとつ痛感したのは我々の生活の電気依存だ。電気が停まると何もかもがストップしてしまう。電気がダメでもガスはあるのだから煮炊きをしたり、暖をとったりすることは可能なはずだが、ガス暖房機にしても、ガス給湯機にしても、今時の便利なものはファン・モーター、電磁弁など電気を使うパーツが多数使われており、停電時には使えないものが多いのだ。
  現在、燃料電池が多様な形で実用化され、家庭用でも燃料電池コージェネレーションシステムなるものが普及の段階に入っている。産業界では一部の機種が停電時も使うことが出来るのだが、しかし、何ということかブラックアウトスタート即ち、停電状態からの起動ができない。それから、ガスエンジンで発電する発電・給湯暖房機もあるが、これも一度運転が止まると、やはりブラックアウトスタートができない設計になっている。どうしてこんなことになっているかというと、これまでは電気が止まる時はガスも止まると考えられていたからだそうな。

 非常時に、バッテリーあるいは発電機で稼働するコンセントを各家庭にひとつでいいから確保すること、電気、ガスどちらでも動くハイブリッド機の開発など今後の技術開発に期待したいものである。そして、それまではとりあえず、薪ストーブを家に1台用意しておくこととしようか。






中原亭(なかはら・てい)…金融、工業系と紙誌の編集を経て田舎暮らしにチャレンジ。現在、地方紙コラム執筆・地域雑誌編集のかたわら、田んぼを耕作。5人の子持ちオヤジ。


この一枚 鯉のぼり333+1


JIMTOF2012に12万8674人

動き出す スマート社会

クルマはいまや「変化のシンボル」

国際太陽電池展から

希少な大型太鼓、古都奈良で公開

圧倒するロボットパワー

大阪ロボット産業PR大使 初舞台

工場の節電、緑のカーテンで

モノづくりの司令塔CAD/CAMが走る!

情熱と熱情の、赤いバラ


コ ラ ム

柝声(たくせい)
13年08月25日号

過去の記事

挑む加工現場


オヤジの社会学


ビルダー最前線


映画の中の生産機械


特集
2013年8月25日号

6〜7面
特集 バリ取り
11〜12面
水回り特集