サイト内検索 WWW を検索

柝声(たくせい) 2012年02月25日号掲載


 一月の貿易収支が一兆五千億円近い赤字。比較できる昭和五十四年(一九七九年)以降で最大、三年前のリーマンショックの際の落ち込みをも超えている▼大きな理由は、輸出が欧州の債務危機で世界経済が減速気味なことと中国が春節で生産がストップしたことによるそうだ▼ところが減速気味の世界経済への歯止め、刺激策として米国や日本、中国など各国の中央銀行が金融緩和に踏み切り、途端に株価が反応、先行き明るさも垣間見える▼中国の春節もいつもの二月初旬が一月に前ズレしただけ、短期的に輸出の落ち込みはさほど懸念することはない。問題は輸入、それもLNG(液化天然ガス)や石油、石炭の増加だ▼増加の多くが火力発電向け。原発の停止で必要になった。その原発が福島の原発事故をきっかけに「廃原発」、「脱原発」、「卒原発」の民意に押され、再稼動の見通しが立っていない▼電力不足というアナウンスに国民の節電意識が高まり、東日本大震災以降、昨夏の猛暑でも不足によるトラブルは起きていない▼「だから原発に頼らなくても大丈夫」という声が大きくなっている。深刻な放射能汚染による健康被害、命の危険を考えれば「願わくばそうありたい」のだが悩ましい問題だ▼なにせ生産企業の節電努力の限界、電気料金値上げによるコストアップ。それに成長市場への活路を考えると海外への生産移転は避けられなくなる▼「国破れて山河あり」とはいわないが、モノづくりがどんどん流出して輸入に頼る構造的な赤字大国の道を歩まざるを得なくなるのか。





この一枚EMOハノーバー2013

鯉のぼり333+1


JIMTOF2012に12万8674人

動き出す スマート社会

クルマはいまや「変化のシンボル」

国際太陽電池展から

希少な大型太鼓、古都奈良で公開

圧倒するロボットパワー

大阪ロボット産業PR大使 初舞台





コ ラ ム

柝声(たくせい)
13年10月25日号

過去の記事

挑む加工現場


オヤジの社会学


ビルダー最前線


映画の中の生産機械


特集
2013年10月25日号

8〜11面
山善名古屋支社竣工
17〜19面
2013年国際ロボット展