サイト内検索 WWW を検索

柝声(たくせい) 2013年1月25日号掲載


 「日本経済の再生」は、かつてを知るわれわれ世代には悲願だろう▼その、「かつて」を知らない若い世代に低迷は現実、端から「再生」なんてないが、世界第二、三位の経済大国といわれながらデフレで周辺国に気圧され、縮こまっている日本。そんな「ニッポンから脱却」の気持ちは強いに違いない▼安倍さんは、復権するや「日本経済再生」を御旗に威勢のいい政策を掲げ、改革と果断実行の強い意思を表明した。途端に市場マネーは円から株へ流れを変え、低迷経済に元気を注ぎ込み始めた▼縮小均衡の前民主政権三代はいわんや、その前の五、六代、ご自身の政党政権で巨額を注ぎ込んでも効き目がなかった日本経済が上に向かって反応したのだから、起爆剤として、その手もありかなと思う▼しかも経済再生の強力な担い手として積極的に民間の知恵や力の活用は大いに買うのだが、組織した「産業競争力会議」の民間議員の人選に首を傾げてしまった▼なにせ九人全員、いずれもパワーゲームの勝者、パワー論理の学者ではないか。もちろんグローバル経済はパワーゲームだからそういう人選も否定はしない▼しかし「パワー経営」は数(規模)と資本力とコストの論理。中でもコストは省人、省エネと並行して下請け・協力企業への要請になる▼要請された企業や人は、小さな部品の厳しい精度・品質要求に応えながら何円、何銭のコストダウンに挑み、「血の結果」を出す▼つまり、下支えの企業や人に「日本経済再生」の知恵やノウハウや底力があるということ。日本は九〇%超が中小企業。ここの知恵ある人を選ばなくて再生はおぼつかない。




この一枚EMOハノーバー2013

鯉のぼり333+1


JIMTOF2012に12万8674人

動き出す スマート社会

クルマはいまや「変化のシンボル」

国際太陽電池展から

希少な大型太鼓、古都奈良で公開

圧倒するロボットパワー

大阪ロボット産業PR大使 初舞台





コ ラ ム

柝声(たくせい)
13年10月25日号

過去の記事

挑む加工現場


オヤジの社会学


ビルダー最前線


映画の中の生産機械


特集
2013年10月25日号

8〜11面
山善名古屋支社竣工
17〜19面
2013年国際ロボット展