サイト内検索 WWW を検索

柝声(たくせい) 2013年4月10日号掲載


 四人の細身の若者が前を行く。正確には、筆者自身、歩きは早い方ではないが、前の四人の歩きがのろくて追いついたかたちだ▼揃って合繊のカバン。1人は肩に掛けている。背広のフィット感から同じ会社の新入社員だろう。気になるのは歩きの遅さと後姿だった▼一番小柄な彼はカバンを手に背筋を伸ばしているが、三人は片手をポケットに突っ込み、結果、肩が丸まり前屈みの姿勢で歩いている格好である▼時間の縛りが緩やかで、特に朝は寝坊ができた学窓生活から会社の始業時間に、電車の発着時間に毎日、追い立てられているのに、まだスイッチが十分切り替わらない辛さ、苦しさ▼疲れも溜まっているに違いない。何度目かの目覚ましで起き上がるとパン一切れを口にする時間もなく、慌てて家を飛び出し駅へ急ぐ▼朝食を摂ってないためからだの芯が温まらず、疲れも倍加、肩を張ろうにも力が出ない。丸まった前屈みの歩き。目線は下に落ち、歩く速度ものろくなる▼暗く、とっつきにくく、新社会人の清新なイメージはない。そんな新人に期待の膨らむ、いい話を持って声を掛けてくれる隣人はいない。むしろ関わりを敬遠するのではないだろうか▼新人時代、尊敬する上司からのアドバイスは、「朝一番はトイレ。座って一日の予定、段取りを考え、シャワーで眠気を飛ばし、朝食をしっかり摂る。出掛けに自分の今日の笑顔を姿見で確認すること」だった▼一途な実行が、筆者の人生の角、角で救ってくれたと思っている。







この一枚EMOハノーバー2013

鯉のぼり333+1


JIMTOF2012に12万8674人

動き出す スマート社会

クルマはいまや「変化のシンボル」

国際太陽電池展から

希少な大型太鼓、古都奈良で公開

圧倒するロボットパワー

大阪ロボット産業PR大使 初舞台





コ ラ ム

柝声(たくせい)
13年10月25日号

過去の記事

挑む加工現場


オヤジの社会学


ビルダー最前線


映画の中の生産機械


特集
2013年10月25日号

8〜11面
山善名古屋支社竣工
17〜19面
2013年国際ロボット展