サイト内検索 WWW を検索

柝声(たくせい) 2013年6月25日号掲載


 デフレから、いくら抜け出そうとしても抜け出せず20年に渡り低迷。それでも世界第三位の経済大国なのに無策、結果、追いつかれ追い抜かれ、またそればかり気にして自信喪失気味の日本(経済)▼「そんな日本と日本経済に活力を注入、元気にして新たな成長につなげよう」ということで安倍さんは、政権を取り戻すや「アベノミクス」なる経済政策を打ち出した▼思いは同じ、いやいや、時には焦燥感に駆られることもあっただけに安倍さんの掲げた目標やよし。でも「三本の矢」として並べた経済政策は大胆だが、「そんな計算通りいくのかな」と疑問、不安▼ところが「大胆な金融緩和」という第一の矢で疑問と不安が早くも的中。じゃぶじゃぶのカネは「株市場」にまわり、上げ相場に海外ファンドが群がって瞬く間に一万五千円を突破▼日本に海外マネー十兆円が流れ込んだ。しかし喜んだのも束の間、売り抜けられて一千円、五百円超の暴落。「ファンドは投資の倍額海外へ持ち去った」とのうわさも▼第二の矢「機動的な財政出動」。一千兆円に届く国の借金で案出のカネなんてそんなにない。「ひねり出す」とすれば円安による輸出の増加、輸入コスト大幅増を押し上げ圧力に経済規模の拡大▼これに弾みをつけるのが第三の矢「民間投資を喚起する成長戦略」。が、どれもこれも、「エライヒトが奥の院で考え、方針を出している」ようにしか思えない▼「これでウマくいくの?」。願わくはもっと下へ、もっと現場へ降りてほしい。とりわけ成長戦略は「モノづくり日本」を支えるいしずえの企業や人への深い理解がなければ砂上の楼閣になるかも。




この一枚EMOハノーバー2013

鯉のぼり333+1


JIMTOF2012に12万8674人

動き出す スマート社会

クルマはいまや「変化のシンボル」

国際太陽電池展から

希少な大型太鼓、古都奈良で公開

圧倒するロボットパワー

大阪ロボット産業PR大使 初舞台





コ ラ ム

柝声(たくせい)
13年10月25日号

過去の記事

挑む加工現場


オヤジの社会学


ビルダー最前線


映画の中の生産機械


特集
2013年10月25日号

8〜11面
山善名古屋支社竣工
17〜19面
2013年国際ロボット展