サイト内検索 WWW を検索

柝声(たくせい) 2013年7月25日号掲載


 自民党の参院選挙の大勝は高額賞金宝くじの当選に似ている▼というと、「政党も政治家も選ばれる立場。くじ引きとは次元が違う」と一蹴されるに違いない▼しかし、くじも買ったら(立候補)当たるのではなく、その後シビアな抽選の洗礼を受けなければならない。結果の大勝を高額当選になぞらえたわけだ。自民党は前回(衆院選)も一等高額賞金を当てた▼その前、その前々の回は民主党だった。ところが、この党は初めて高額のカネ(権利)を握った人が多く、ために大金を握って舞い上がり「自分が当てた」と言い合い、張り合い、挙句は仲間割れ▼だから高額賞金をうまくまとめて使えずバラバラにして散財。言うことは立派だっただけに却って選ぶ側の失望や反感を買い、蔑まれ突き放された▼その点、自民党は、「利権」や「浪費グセ」があり自己主張も強いけれど安易な仲間割れをせず、踏みとどまって高額賞金をまとめ使う巧みさに成熟政党としての安定感が感じられた▼結果、高額賞金が自民党と所属の政治家の手に渡った。諸々の状況、情勢からすると、ある意味、仕方ない成り行きだが心配のタネは尽きない▼なにせ良いことは言うけれど、未だ「古い革袋に新しい酒を盛る」体質は変わってない感じ。いや、それ以上に心配なのはトップをはじめ名を連ねる人たちに良家の子女ばかりが目立つこと。「カネは、使う前に稼ぐ」ことを体ごと知っている人が一体、何人いるか▼と言っても、高額賞金は今や「あなたたち」の手にある。この貴重なカネの使い方や道をこれからじっくり見届けなければならない。







この一枚EMOハノーバー2013

鯉のぼり333+1


JIMTOF2012に12万8674人

動き出す スマート社会

クルマはいまや「変化のシンボル」

国際太陽電池展から

希少な大型太鼓、古都奈良で公開

圧倒するロボットパワー

大阪ロボット産業PR大使 初舞台





コ ラ ム

柝声(たくせい)
13年10月25日号

過去の記事

挑む加工現場


オヤジの社会学


ビルダー最前線


映画の中の生産機械


特集
2013年10月25日号

8〜11面
山善名古屋支社竣工
17〜19面
2013年国際ロボット展