サイト内検索 WWW を検索

柝声(たくせい) 2013年9月10日号掲載


 2014年度国家予算の一般会計概算要求総額約九十九兆二千億円。消費税がどうなるか決まっていない段階だから制限をつけず出された数字の合計だ▼当然、この数字は篩(ふるい)にかけられ圧縮されていくけれど、国の借金が一千兆円を突破という深刻な状況なのに、国家経営に携わる政治家、官僚に国家の視点がまるで感じられない▼「とりあえず要求して通れば得」。そんな感じ。おかしい、いや、信じきっている国家国民に対し胸が痛まないのだろうか。国民一人当たり八百万円ほどの借金を背負わせているのである▼これを会社に例えていうなら、社員が必死に働いて上げた利益を社員に(権利分も)渡さず経営者がつくった大借金の埋め合わせに使われることではないか▼しかも大借金を抱え、反省もなく生活はさらに派手に。ために増え続ける借金を後々の社員にも背負わせる。まともな人間であれば罪深さを感じるだろう▼と、会社になぞらえ手厳しい批評をすると「すべての要因は、招かざる客のデフレ」、それを一層深刻にした「リーマンショック」や大地震などの天災と他人事。だから「デフレを脱却すれば」▼そして、そのための抜本的手立てが「アベノミクス」、金融に財政、成長戦略。「効果が出てきた」と喧伝され、脱却すれば経済拡大と税収増で「国の借金を減らす道は開ける」と…▼しかし、これまで不確かな先々の当てばかりして今の深刻な事態を招いたのではなかったか。今昔、名を連ねる政治家、官僚の経営能力は大いに疑問▼日本の企業経営者に国家経営を委ねた方が借金大国からの再生は早いのではないか。







この一枚EMOハノーバー2013

鯉のぼり333+1


JIMTOF2012に12万8674人

動き出す スマート社会

クルマはいまや「変化のシンボル」

国際太陽電池展から

希少な大型太鼓、古都奈良で公開

圧倒するロボットパワー

大阪ロボット産業PR大使 初舞台





コ ラ ム

柝声(たくせい)
13年10月25日号

過去の記事

挑む加工現場


オヤジの社会学


ビルダー最前線


映画の中の生産機械


特集
2013年10月25日号

8〜11面
山善名古屋支社竣工
17〜19面
2013年国際ロボット展