ビルダー最前線 2009年8月10日号

地域産材「天竜檜」を積極活用
太陽光やLOW-Eガラスなど、エコ設備も前面に
遠州鉄道株式会社 住宅事業部
浜松市中区板屋町110-5、TEL053-454-0816 

a

 

静岡県浜松市を中心に、西は湖西、東は掛川までのエリアで住宅事業を展開する「遠鉄ホーム」。地域の私鉄会社「遠州鉄道」の住宅事業部として1999年にスタートして以来、住宅事業でも沿線の魅力を高め、地域に親しまれてきた。
08年度の着工棟数は年間266棟(引渡しは386棟)で、念願の300棟超えも目前。10年間に建てたOB客は2500棟にも上り、リフォーム事業の展開もスピードアップし始めているところだ。地産地消にも積極的で、ヤマハ製システムキッチン採用や地元木材である天竜ヒノキの活用を進めている。
今年7月中旬、「遠鉄ホーム」の浜松住宅プラザがオープンした。モデルハウスも併設し、「当社の家づくりの全てを見て頂ける展示場になった」と鈴木所長は言う。
たとえば環境対応。プラザは大屋根づくりの大空間で、南側屋根には6・6`ワットの太陽光発電パネルを設置。発電量を屋内モニターで分かりやすく表示する。
東側吹き抜けに面した窓からは陽光がさんさんと降り注ぐが、鈴木所長によれば「遮熱効果に優れたLOW?Eガラスを使ったことで、真夏でも思ったほど暑くないのを実感してもらえる」。また、屋外に設置した雨水利用タンクは欧風の植栽にもマッチするスタイリッシュなデザインで、こうした様々な取組を実物で体感し、納得して選べるのが、プラザの最大の魅力だ。
地域の身近な交通機関として親しまれている遠州鉄道が、住宅事業に本格的に取り組み始めたのは平成11年のこと。分譲住宅と注文住宅の両方を供給し、家づくりでも沿線の魅力を高めてきた。
分譲では10区画以内の小型分譲が中心で、土地のみと分譲住宅付きの両方を販売している形。大型開発地ではグループのスーパー・遠鉄ストアとの相乗効果も発揮している。「完全に連携するわけではないが地域情報の交換は密にしており、ストアが出ると土地が動き出すというケースも多い」(同)という。

◆明快な価格、「遠鉄」の安心

着工棟数を飛躍的に伸ばした転機は5年前。坪30万円台からの企画型商品「ブライトS」の開発にあった。同社では30代前半の土地から求めるユーザーが多く、土地と合わせた住宅価格が明快で、かつオール電化標準、地元企業ヤマハのシステムキッチンなどを搭載した「ブライトS」に人気が集中したという。特にオール電化は人気が高く、最近では注文の90%、全体でも65%が電化を選ぶそうだ。
「遠州鉄道の家というと、当初は『高いんでしょ』というお客様も多かったんですが、坪30万円台からの安さに驚かれました。私鉄という半公共的会社の作る家ということで安心感ももって頂けた」(同)。競合他社に「安心」で打ち勝ち、当時の念願だった注文住宅100棟を一気に突破した。
このブライトシリーズは進化を続けており、太陽光発電システム標準搭載のEシリーズ、LOW?E複層ガラス他エコ設備・建材をふんだんに盛り込んだGシリーズも登場。最近ではSシリーズでも環境価値を高めるためLOW?E複層ガラス標準搭載を企画中のほか、太陽光発電システムをプラス50万円で搭載できるキャンペーンも実施し、好評を呼んでいる。
長期優良住宅認定の取り組みも進める。「一般には1〜2割ほど建築価格がアップすると言われますが、試算では、それほど価格アップせずに対応できる見込み」(同)とのこと。同社の家は、住宅性能表示制度の劣化対策等級、耐震等級、維持管理等級の3つで、すでに最高ランクを取得できる仕様にし、最長20年の延長保証制度を設けているためで、これまでの品質アップの取組が長期優良住宅でも生かされていきそうだ。

◆地産地消に積極貢献

地産地消にも意識が高く、地元木材である天竜ヒノキ・スギなどを活用した住宅を年間50〜100棟建築。スケールメリットにより価格を従来シリーズと同等にするなど、大手ハウスメーカーではなし得ない環境対策として人気を呼んでいる。
「地域でしか生きていけない私どもが、地域の山の木を使うのは当然のことだと思っています」と鈴木所長は言い、日本三大人工美林に数えられる天竜美林の治水効果を説明してくれた。
「浜松市内中心を流れる天竜川上流の天竜美林は明治時代に植林が始まったもので、どっしりと根を下ろした木々が河川の氾濫を防ぎつつ地域を潤す役目を担っています。しかし、近年は安価な輸入材に押されがちで林業者も厳しい状況。間伐や育林の手が弱まれば、山が荒れ、流域の川も氾濫の時代に戻ってしまう。安定供給で少しでも林業活性化と地域環境保護に貢献できればというのが私どもの思いです」
最近では天竜ヒノキを内装にあらわす「天竜美林の家」も開発した。ムク材を生かしたフルオーダー住宅として自然派志向のユーザーに人気を呼んでおり、12月には浜松住宅プラザでも「天竜美林の家」のモデルハウスをオープンするという。

名入れうちわ
モー語録

この一枚夏の風物詩「打ち水」

涼を求めて

機械加工で、立体芸術

重要港湾の目標達成率1割ほど

香港で広がり見せる玩具ビジネス

関西初小型電気自動車「和」の仕上がり

阪急摂津駅
阪急摂津市駅、CO2排出を実質ゼロに

東京スカイツリー
にょっき、東京スカイツリー

コンビニ
京都市に環境型コンビニ開店

橋下知事
大阪府知事公用車に「E10対応」導入

航空宇宙展
中小の航空市場参入なるか−航空宇宙展より

東京モーターショー
ホンダ6人乗りマルチパーパスハイブリッド「SKYDECK」。東京モーターショーより


サイト内検索
WWW を検索

イベントガイド
産業用語
環境新時代