News

サンドビック、SUS旋削用材種

メーカー名商品名
サンドビックステンレス旋削加工用材種「GC2220」

耐摩耗と耐熱で領域カバー

10067

 サンドビック(コロマントカンパニー=名古屋市名東区上社1-1801、TEL.052-778-1001)は、ステンレス旋削加工用材種「GC2220」をリリースした。同社独自のInveioコーティングテクノロジーを採用。単一方向に配置されたアルミナ結晶が切削部に強力なバリアを形成することで、優れた耐熱性を発揮する。傾斜組成層の母材が幅広い加工領域をカバー。MT-TiCNコーティング層でこすり摩耗に優れた耐性を持たせた。逃げ面のTiN層により摩耗状態が容易に確認できる。今回の発売では233品目を投入する。