News

リンナイ、北海道向けハイブリッド給湯・暖房

メーカー名商品名
リンナイ北海道向けハイブリッド 給湯・暖房システム

ガスと電気の運転を自動で最適化

10095

 リンナイ(内藤弘康社長)はガスと電気を組み合わせて快適な暖房を実現する北海道向けハイブリッド 給湯・暖房システムをモデルチェンジし、4月1日から発売する。
 北海道では、家全体を暖める全館暖房が中心で、1年の約3分の2もの長い間暖房を使用する。こうした北海道特有の気候条件に合わせ、パワフルな運転で厳冬期も家じゅうの暖房と給湯を1台でまかなう北海道専用のハイブリッド給湯・暖房システムをリンナイでは2010年から販売している。
 今回のモデルチェンジでは、ランニングコストの安定化を図る新制御機能を搭載した。契約しているガスと北海道電力の電気料金を入力しておくだけで、最も経済的なエネルギーの使い方を判別し、自動で切り替えながら運転。厳冬期の暖房能力を保ちながら、常に光熱費を最適化する。
 毎日の運転も賢コントロールすること で、年間暖房光熱費を、灯油(エコフィール)より約12%削減、オール電化(エコキュート・ヒートポンプ暖房)より 約30%削減することができる。システム希望小売価格は税抜き101万2000円。