News

ダイキンがIoT端末用いて実証実験

ストレスに応じた空調開発へ

10368

 ダイキン工業(大阪市、十河政則社長兼CEO)は大阪府摂津市にある同社の技術開発拠点であるテクノロジー・イノベーションセンターでIoT端末を用いて職種や職場環境と人が感じるストレスの関係性などを調べる実証実験をソフトバンク・テクノロジー(SBT)、青山キャピタルと共同で7月に始める。期待されているIoTによる人の健康管理や快適性向上の実現を目指す。
 本プロジェクトではクリップ状のIoTデバイスをベルトに装着し、多様な職場で働くモニターの身体活動情報、ストレス度、睡眠情報などをリアルタイムに計測。ダイキンは「計測した生体情報をクラウドに蓄積し分析することで、職場環境とストレス度の相関や、就業時のストレス度と就寝時の睡眠状態の相関などを明らかにする」としている。
 バイタルセンシング技術をもつダイキンと、クラウド環境を提供するSBT、幅広い顧客ネットワークをもつ青山キャピタルの3社が手を組む。ダイキンは得られる検証結果を基に、人のストレス度に応じた空調の自動制御技術を開発し、快適性だけでなく生産性も向上するオフィス空間の創造などを目指す。