News

スーパーツール、デジタルトルクをシリーズ化

メーカー名商品名
スーパーツールデジタルトルクレンチ

6000件まで保存可能

10421

 スーパーツール(大阪府堺市)は、デジタルトルクレンチをシリーズ化し、5月末から本格販売を開始する。無線・ケーブル兼用式「DTRH-R」とケーブル式「同-C」から各6サイズをラインアップ。トルク値2~300N・mまで対応する。
 トルク値のデータ管理・記録が可能なレンチとして、「国内最大メモリー」(営業企画課)の6000件まで保存できる。設定したトルク値に達すると、光・音・振動で知らせる。合否判定のほか、ピークホールド、オートパワーOFFなどの各種機能を備えている。
 無線通信・USBケーブル通信対応の工具本体は、防滴仕様(IPX3)に設計。質量は「メカニカル(機械式)トルクレンチの3分の1から2分の1の軽さ」に抑えた。単三乾電池2本で連続20時間使える。ラインアップは差込角1/4~3/4まで。保証精度は左右ともに±3%となっている。