News

お手上げ土産物店、3割が営業を取り止め

 中国人旅行客のガタ減りで、台湾の土産物店の廃業や業態転換が相次いでいる。中華観光精品産業協会は「中国人客向けの土産物店70カ所以上のうち、すでに3割が営業を取りやめた。残りも統廃合や業態転換を進めているところだ」と指摘した。最新の出入境統計によると、3、4月の中国人ツアー客は前年同期比で約65%減の12万人余にとどまった。個人旅行客も両月で26%以上も減り、変化の激しさを見せた。