News

国境の軍事基地、試される「北」異変の備え

 中国軍が北朝鮮との国境近くの吉林省延辺の朝鮮族自治州で、建設中だった軍事基地がほぼ完成。国境からわずか1.5km位置で、緊急事態が起きることを想定してのことは明らか。北朝鮮の崩壊に備えた動きともみられていたが、折から「北」の生臭いロケット弾発射。「北の政治体制に、いつ変事が起きるか分からない。そのときには難民が大量に越境してくる」―不穏の拡大に周辺村民の間には不安が広がるばかり。