News

キャプテンインダストリーズ、ケーブル保護管など日本に初投入

 産業用機械部品・ソフトなどの輸入商社、キャプテンダストリーズ(山下宏社長)は、徹底した衛生管理が必要な食品や飲料の生産機械・設備用として、米国FDA認証のフレキシブル・ケーブル保護管等を5月から日本に初投入した。
 「PMA食品向けケーブル保護ソリューション」と位置づけ、関連製品の販売事業をはじめた。「フレキシブル・ケーブル保護管PMAコンポジット」や「一体型の防水ステンレス鋼継手」などが主な製品。
 衛生管理と清潔さで厳しい要件が課せられる食品や飲料業界の要求に応える。「ケーブル保護管」(=写真)はケーブル類をさまざまな環境要因から強固に保護。化学物質に対する耐性が高く、洗浄性にも優れる。コンタミを出さず、耐熱性にも優れるという。