News

村田ツール、中部どて市でNCスロッター初披露

10766

 村田ツール(岐阜県美濃加茂市)はキー溝などをつくる小型NCスロッター「KV300」(目安加工長300mm)を、6月12日まで名古屋市で開かれた中部どてらい市で初披露した。ギアやカップリングの加工に欠かせないマシンで、正面幅1550mmながら高いラム軸剛性により重切削が可能。「S45Cの場合、20㎜キー幅溝で切込み0.1mmの加工が可能」と言う。
 NCスロッターは国内では同社を含め2社しか手がけず、4軸NC制御は同社だけ。ニッチな市場ながら確実な需要増を見込む。6月24日から3日間開かれる大阪どてらい市にも出品する。