News

「空巣青年」五千万、遠距離結婚(通い婚)も多く

 中国で故郷を離れ、都会で一人暮らしをする「空巣青年」が増加。その人口は5000万人ともいわれ、深センや北京、上海からさらに蘇州、鄭州、東莞などに拡がっている。「インドア」な生活スタイルは、専らインターネット出前の食事。それでも大きな「孤独感」がないといわれるのは、多くがネットを利用していることが一因のようだ。結婚も「遠距離結婚(通い婚)」は珍しくなく、この国の暗い将来を覗わせている。