News

ロシア航空人材、中国に2年半で100人も

 ロシアの航空パイロットが中国などの航空会社に続々と転職している。賃金など待遇が良いのが転職理由で、この2年半でアジア各国に約300人のうち100人が中国に。その月給は中国で1万7000〜2万5000米ドル(約190万〜280万円)。実にロシアの4倍だが、こうした状況が大量流出の背景。中国では今後20年間で航空業が急速に成長し、新たなパイロットが年間5000人ほど必要と予測されている。