メーカー情報

鉄骨加工
機械

大東精機(株)
DAITO SEIKI CO., LTD.

本社 〒660-0832 兵庫県尼崎市東初島町2-26

TEL. 06-6489-1202 FAX.06-6483-2095

ホームページアドレス http://www.daito-seiki.com/

コラムベベラー(コラム開先加工機)KCR600

 コラムベベラーKCR600は、コラムの前端と後端の開先加工が同時に行える機械。
 従来、コラムの前端と後端に開先加工を行うには、2台の開先加工機を連結したダブルタイプの機械が必要であったが、KCR600では機械中央のドラムの両端に前端開先用と後端開先用のカッターヘッドを設けることにより、開先加工機1台分のスペースで、材料を反転させることなく、両端開先の同時加工を実現した。
 本機の主な特長は、①従来機の一般的なカッターは3条刃が用いられてきたが、KCR600では4条刃とし、より高速かつ静粛な切削を実現。②開先カッターの位置情報を常に監視することで精細な切込み制御を行い、高精度と刃物の長寿命化をはかった。③開先カッターの交換はコンベア面より上の位置で行えるので、機械内に入る必要がなく安全。④操作パネルの位置(標準は左側)を右側仕様とすることが可能。
コラムの加工能力は、最小100×100㍉(小サイズ用アタッチメント装着)~600×600㍉まで対応。

過去記事一覧
大東精機、本社工場内にジム完備
大東精機、データ管理可能なバンドソー
大東精機、プラズマ使用の形鋼複合機
大東精機、自動定寸による角度切断
大東精機、CNCバンドソーのニューモデル
大東精機、短材コラム専用開先機
大東精機、門型バンドソーを開発
営業品目

バンドソーマシン(形鋼切断用および一般鋼材切断用)、ドリルマシン(形鋼孔あけ用)、
複合機(バンドソーマシン+ドリルマシン)、Hスケーラ(H形鋼の黒皮研削用)、
H形鋼開先加工機、コラム開先加工機、プラズマ切断機、
形鋼加工全自動システム(形鋼孔あけ・切断・研削・開先ラインシステム)

会社概要

〇設 立 昭和34年3月
〇資本金 9,950万円
〇年 商 82.8億円
〇決算期 3月
〇従業員 160人
〇代表者 杉本 真一

関連会社

〇DAITO USA INC.(米国シカゴ市)

人事録

〇会 長  杉本 忠博
〇社 長  杉本 真一
〇常 務  宇高 春樹
〇取締役  西田  寛

事業所

【事業所】
〇コスモ工場 
〒660-0833 兵庫県尼崎市南初島町10-134
【営業所】
〇北海道、仙台、北関東、宇都宮、東京、
 名古屋、大阪、広島、福岡、台北

  • 12470

    ドリルマシン
    CSDⅢ1050

    驚異的な孔あけ速度

  • 12471

    バンドソーマシン
    GTⅡ8010CNC

    形鋼切断のロングセラー機

  • 12472

    プラズマコーピングマシン
    CRⅡ1040

    形鋼を多様な形状に高速切断

  • 12473

    Hベベラー
    KHR1050

    H形鋼の両端開先を省スペースで

  • 12474

    ドリルバンドソー
    DB3C5030

    あらゆる小型形鋼の孔あけ・切断

  • 12475

    バンドソーマシン
    YGA430

    使いやすくて頑丈

  • 12476

    バンドソーマシン
    LTAⅡ2630

    最大60°の角度切り+自動定寸

  • 12477

    コラムべべラー
    KCS600

    最短70㍉のコラム開先なら

大東精機(株) お問い合わせ先

TEL.06-6489-1202  FAX.06-6483-2095