メーカー情報

環境改善
機器
切削・補要
工具
産業機器

田中インポートグループ(株)
TANAKA IMPORT GROUP,LTD.

本社 〒542-0012 大阪市中央区谷町7-2-2-203

TEL. 06-6768-3173 FAX.06-6762-3806

ホームページアドレス http://www.semi-drycut.com/

スーパーオイルスキマー「TAP-6PD型」

 金属加工業界の生産コストアップ対策として、クーラント液の腐敗による臭気発生を抑える取り組みが注目されています。液交換費用を抑えるポイントは、液に浮上するスラッジを効率よく取り除くこと。とくにスラッジやオイルが付着しやすい「泡」の回収に関するニーズが高まっています。
なぜなら、クーラントタンクに泡が多量に発生した場合、吸引しても分離タンクに移るだけで、廃油出口から泡が漏れ、廃油タンクにクーラント液が流れ込む不具合が起こるからです。
■浮上油・スラッジ・泡を同時回収
 スーパーオイルスキマー「TAP-6PD型」は、吸引した泡をサクションホース内のバキューム圧で破壊。水滴に変える消泡能力を備えています。
 高圧力(0.5MPa)の動力エアーをポンプ本体に直接送り、吐出側に噴射。本体内で消費エアー量を低圧力の吸引エアー量に変換することで、浮上異物の回収を可能にしました。
 もう一つの特徴は、省エネであること。駆動エアーで液体と異物を同時に吸い込む従来のダイヤフラムポンプタイプに対して、TAP-6PD型は液体の吸引を最小限に抑えることができます。
 メンテナンス性にも配慮しました。ポンプ本体はスラッジの塊(最大5mm)も無理なく通過。バキューム圧によりエアーが高速で移動するため、配管が詰まる心配もありません。定期的な作業は、廃油処理のほか、
 分離タンクにスラッジを堆積させて付属のスコップで取り除くだけ。長期使用中、メカニカルな動作がないため、故障・消耗品もない高い耐久性も持ち合わせています。

過去記事一覧
田中インポートグループ、最大21mm対応の自動ドリル研磨機
田中インポートグループ、オイルスキマー発売
営業品目

機械・工具、切削液、及びその関連商品の輸入・国内販売
ケミカル製水溶切削液、工具研磨機、面取り機、
クーラントシステム、MQLミスト加工装置

会社概要

〇設 立 1981年10月12日
〇資本金 1,000万円
〇従業員 15人
〇代表者 田中 基博

関連会社

〇精機輸出グループ㈱

事業所

〇本社
〒542-0012 大阪市中央区谷町7-2-2-203
TEL(06)6768-3173 FAX(06)6762-3806
〇東京営業所  東京都板橋区
〇東北営業所  福島市
〇姫路営業所  兵庫県
〇工場・倉庫  東大阪市

  • 12526

    ドリル研磨機 PT-07

    先端角:90°~140°
    ドリル径:φ12.1~32mm

  • 12527

    ドリル研磨機 PT-01

    先端角:90°~140°
    ドリル径:φ2~13mm

  • 12528

    エンドミル研磨機 PT-03A(先端刃専用)

    2.3.4枚刃
    エンドミル径φ4~14mm

  • 12529

    セミドライカットシステム(21世紀の環境第一の切削法)

    限り無くドライに近く、しかも抜群の切削性!

  • 12530

    チューブ式混入油除去機
    チューブスキマー TS900

    どんな場所にでも設置可能!
    NC旋盤や小型MCに後づけが可能です。

田中インポートグループ(株) お問い合わせフォーム

会社名

住所

ご担当者様氏名

電話番号
FAX番号
メールアドレス

メールアドレス(確認)

お問い合わせ内容