News

ヤマダ・エスバイエルホーム、次世代住宅制御システム

メーカー名商品名
ヤマダ・エスバイエルホーム次世代住宅制御システム「Fin−Key」

個人特定し、家電制御や防犯も

 指の「血流」が家の鍵となり、個人を特定して部屋の照明のON/OFFや家電の自動制御ができる。子供の帰宅を外から見守り、火の元を制御する―より便利なスマートハウスが近く実現しそうだ。
 開発に挑むのは、ヤマダ・エスバイエルホーム(松田佳紀社長)、バイオニクス(須下幸三社長)、及び学校法人片柳学園(片柳鴻)。スマートハウスの更なる可能性に向け、血流認証技術を活用した業界初となる次世代住宅制御システム「Fin‐Key(フィンキー)」について、産学連携で研究、開発することにこのほど合意した。開発の進捗に応じ順次販売開始する。
 血流認証技術を導入することにより、鍵を持たないで入退室が可能になるほか、精度の高い個人認証技術で個人を特定し、冒頭に紹介したような高いレベルのセキュリティ設定や家電・照明の省エネ制御が可能になる。
 バイオニクスの血流認証技術は、分譲マンションの入退室管理等で約1000戸の実績がある。今後は、「HEMSや警備システムとの連携を図りながら、賃貸住宅、戸建て住宅等広く導入を目指す」(ヤマダS×L)。同技術の普及拡大については(独)産業技術総合研究所と連携しながら、業界標準並びに世界標準を目指す考え。