News

三菱重工、上海展示会で大型部品加工を提案

歯車研削盤や門形5面加工機を出品

1188

 三菱重工業(機械・設備システムドメイン工作機械事業部)は7月14日から17日まで、中国・上海で開催された「EMTE−EASTPO2014(上海国際工作機械見本市)」に、歯車研削盤「ZE24B」と、常熟市(江蘇省)にある工作機械工場で生産している門形5面加工機「MRV30」を出品。また、歯車加工用各種切削工具や加工ワークサンプル等も展示し、多様な歯車生産の総合提案力と大型部品の加工能力をアピール、注目を集めた。
 歯車研削盤は焼き入れ後の歯車を仕上げ加工するもので、展示した「ZE24B」は最大外径240mmまでの歯車に対応。高速・高精度の加工ができるほか、ワーク交換等に必要な非加工時間も短縮、「自動車の変速機構などに用いられる精密な歯車の生産性を向上する」(同社)としている。
 さらに、「中国常熟工場で現地生産するホブ盤やギヤシェーパと組み合わせることで、粗加工(歯切り)から仕上げまでの生産体制構築を提案する」。また、門形5面加工機「MRV30」は、パワフルかつ高速・高精度に加工する能力を持ち、幅2000×長さ6000mmのテーブルに搭載可能。産業機械や建設機械、自動車金型など大型部品や半導体製造装置など、幅広い分野に対応したラインアップを展開している。
 中国市場は2013年、自動車生産・販売台数が初めて2000万台を突破する等、今後も拡大基調が続くとみられる一方、沿海部では労働コストの上昇などを背景に各種製造現場の生産効率アップや高精度化に対するニーズが高まっている。同社では今回の出品を契機に、「多様な歯車生産に向けた総合提案力と大型部品の高い加工能力を提案、積極的な拡販活動を展開する」方針だ。