News

69%で劣る、工業製品のASEAN比較

 インドネシアはASEAN各国との比較で、69%の工業製品で競争力が劣る−工業省の指摘によれば、3998の関税品目のうち、衣服やセメント、セラミックなど2748品目が競争力の弱いグループに分類されたという。弱い製品に対しては、国内市場を維持する政策を強めるほか、電力や交通などインフラ不足を原因とする競争力への懸念の解消を訴えている。だが現状にむける経済界の政府批判の声は強まるばかりだ。