News

三菱重工、レーザー加工機事業に参入

社内技術を活用し、新分野の育成目指す

 三菱重工業(機械・設備システムドメイン 工作機械事業部)はこのほど、社内で約30年間にわたり培ったレーザー制御・加工技術を活用し、レーザー加工機事業に本格参入すると発表した。
 同社では、「工作機械分野での新事業の柱に育成する」としており、年内をめどに独自のレーザー加工機の製品化を始め、幅広い市場ニーズの掘り起こしを目指す。
 本格参入に向け、工作機械事業部内では、工作機械関連技術と機械加工ニーズが集積しているソリューション技術センターに技術開発窓口を設置。各ドメイン・事業所が持つ製造技術革新ニーズを基にして、技術統括本部・研究所との連携により、独自のレーザー加工機をワンストップで開発・製品化できる体制を構築したという。
 同社のレーザー制御・加工技術は、レンズやプリズムなど独自の光学系設計技術に加え、航空・宇宙分野やガスタービン、原子力分野など社内の先端事業で培ってきた。特に、空中放電を利用するアーク溶接にレーザー溶接を同軸化して両技術の長所を引き出すハイブリッド溶接による溶接施工法を国内で初めて実用化するなど、社内の製造技術革新ニーズに対応するレーザー加工技術を開発するなどの実績を積み上げていた。しかし、社外に向けては、レーザー発振器や光学系など中核部位・部品の提供にとどまっていたのが現状。今後は、市場ニーズに応じた各種レーザー製品を開発するとともに、実際の加工現場に提案することで潜在ニーズを掘り起こし、「付加価値の高い技術開発と製品ラインアップの拡充につなげる」(同社)方針だ。