News

ダイキン工業、「CSR報告書2014」を発行

生産時CO2削減目標、前倒しで達成

 ダイキン工業(十河政則社長兼CEO)は「CSR報告書2014」を発行した。2014年版では、次世代冷媒R32の世界各地への展開や、女性従業員の活躍推進、世界での森林再生支援などを特集した。
 同社では2015年度を最終年度とする5カ年環境行動計画を2011年度より実行中。成長著しい新興国においては、省エネエアコンの普及により2013年度はCO2排出量を2300万トン抑制したほか、生産時の温室効果ガス排出量を69%削減し2015年度の目標値(68%削減)を上回るなどの実績が上がった。 さらに、環境パフォーマンスデータの信頼性を向上させるため、2013年度より、温室効果ガス排出量に対して第三者検証を受けている。9月に同社ホームページにて、より詳しい情報を掲載し、同時期に、中国語版・英語版の冊子を発行する予定。