News

三菱重工、787向け複合材主翼 増産体制に

下関と名古屋で、設備強化

 三菱重工業は、米国ボーイング社が中型ジェット旅客機「787」向け複合材主翼を現状の月産10機から14機に増産する計画に対応、下関造船所(下関市)と名古屋航空宇宙システム製作所(名古屋市港区)の複合材主翼生産設備の増強投資を実施する。
 2014年10月に補強用部材である複合材主翼のストリンガー(縦通材)を製造する下関造船所の航空機工場と、複合材外板の製造、組立を行う名古屋航空宇宙システム製作所大江工場の設備増強をそれぞれ着工し、16年からの増産を目指す。
 下関造船所では航空機工場を拡張し、複合材を積層した後に高温高圧で焼き固めるオートクレーブ(複合材硬化炉)等を増設する。同時に、名古屋の大江工場では、複合材主翼の主要部品である外板を製造する複合材工場に複合材テープを積層する自動積層機等を増設、主翼組立を行う組立・塗装工場を拡張し、自動穴あけ機、塗装ロボット等を順次改修・増設する計画だ。
 三菱重工は、787の複合材主翼の生産を担当。「今回の生産能力増強、高品質の複合材主翼の供給を通じ、民間航空機事業の拡大につなげる」方針だ。